the way to rich 〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ


■株式スクリーニングの弱点


スクリーニングについて、以下のような質問をされることがあります。

「 5日移動平均乖離率(%)と25日移動平均乖離率(%)に入力するのが「ゼロ」だと、
あまり値下がりしていない銘柄が検索されるような気がするのですが…。
ゼロではなく、どんな数字を入れればいいのでしょうか?」


「どんな数字を入れればいいか?」ということですが、私は、
「0、マイナス5、マイナス10」あたりを使い分けています。


たとえば、5月下旬のように、日経平均が下げているときは、
「25日移動平均乖離率がマイナス10以下」かつ「5日移動平均乖離率が
マイナス5以下」という条件で検索してもいいと思います。

ところが、日経平均が上げているときは、この条件で検索すると、
条件に当てはまる銘柄がほとんどないと思います。

値上がりしている銘柄が多いですから。

こういうときは、「5日移動平均乖離率がゼロ以下」という条件は外して、
「25日移動平均乖離率がゼロ以下」という条件だけで検索します。


つまり、相場全体が値下がりしている状態では、
値下がりしている銘柄が多いですから、検索条件をきつくします。

逆に、相場全体が値上がりしている状態では、
値下がりしている銘柄が少ないですから、検索条件をゆるくします。


ただ、相場全体が値上がりしている状態で、検索条件をゆるくして買うと、
相場が値下がりしたときに、損をする危険性が高いですから、注意が必要です。



「マイナス5」や「マイナス10」ではなく、「マイナス20」など、もっときつい条件で検索したら、
反発力が高く、より値上がりする銘柄が検索されるのではないかと思われる方も
おられるかもしれませんが、短期で20%も下落している銘柄には、何か悪材料が原因で
急落しているものも含まれている可能性があると思います。


スクリーニングは数字だけで判断するので、悪材料が原因かなどは判断できませんし、
「マイナス10以下」という条件で検索した場合に、「マイナス9」に優良銘柄があっても、
検索対象外になってしまいます。


スクリーニングは、候補を減らすための絞り込みをするツールです。

「マイナス5」で検索してみて、候補が少なければ、
「マイナス4、マイナス3、マイナス2」と条件をゆるくしてみる。

逆に、候補が多ければ、「マイナス6、マイナス7、マイナス8」と条件をきつくする。


私は、移動平均線以外に、PERなども検索条件に入れて、だいたい100銘柄ぐらいに
スクリーニングで絞り込んでから、「その中で比較検討する」「悪材料が原因で
値下がりしているのではないかをチェックする」などして、銘柄を選んでいます。


数字だけで判断するという機械の弱点を、人間の力で補う必要があると思います。





                                        ページのトップへ   ホームへ





ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他