the way to rich 〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ


■株は勝つ確率が高いギャンブル


賛否両論あると思いますが、株式投資で勝つ・負けるというのは、
基本的にはギャンブルで勝つ・負けるのと同じことです。

ただ、競馬のような公営ギャンブルと比べて、株はとても良心的なギャンブルです。

何が良心的かというと、控除率=胴元の取り分です。

株は、控除率が低いのです。

競馬の場合、控除率が25%ですから、全投資金額の75%しか
ファンに還元されません。

株の控除率といえば、証券会社に払う手数料です。

10万円の株を内藤証券で売買したとして、往復の手数料は1050円。

控除率は約1%ですから、全投資金額の99%が投資家に還元されるわけです。

ギャンブルでは、この還元される分を投資家同士で取り合うことになります。

75%を分けるよりも、99%を分ける方が普通は多くもらえます。

競馬で勝つのが難しいのはこのためです。


また、確率では「大数の法則」というものがあります。

「大数の法則」とは、「試行回数を増やせば増やすほど、確率は一定になる」という法則です。

よく分からないと思いますので、具体的に説明します。

サイコロを6回振ります。

1〜6の目がきれいに1回ずつ出ることはあまりないと思います。
同じ目が2回出たり、3回出たり、ある目は出ないこともあるでしょう。

では、サイコロを6万回振るとします。
6万回振ると、どの目が出る回数も、1万回に近くなります。
「6が出たのは1000回だけだった」ということはありません。

試行回数が多くなるほど、ある目が出る確率は6分の1に近付いていくのです。


「大数の法則」はギャンブルにも当てはまります。

長く続けると、競馬では、回収率が75%に近付いていきます。
長く続けると、株では、回収率が99%に近付いていきます。

ということは、株は、長く続けると、現在、勝っている人はこれから負ける。
現在、負けている人はこれから勝つ。

そして、どちらもトントンになるはずです。
(実際はそうはなっていませんが、理論的にはトントンになります。)


他のギャンブルに比べて、株は勝つ確率が高いギャンブルなのです。


PS:控除率や「大数の法則」については、『ツキの法則』という本に
分かりやすく説明されています。

株の本ではありませんが、勝つための考え方はギャンブルと共通するところが多いので、
参考になると思います。





                                              ページのトップへ   ホームへ





ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他