the way to rich〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ

株で勝ち続ける人たちの儲かるしくみ


中村光夫 / 日本実業出版社


1章 保有期間限定でリスクを抑え、季節要因を利益に取り込む、シーズンストック銘柄投資法
2章 少ない元手を手っ取り早く2倍、3倍にする!?比例配分投資術
3章 連動する2つの銘柄で堅実に、あるいは大きく儲ける、ペアトレード投資術
4章 循環物色を利用して資金を年に4回転、アノマリー活用投資法
5章 機関投資家の先回り売買でハイリターンを狙う、値がさハイテク株投資術
6章 株式分割期待銘柄のバイ&ホールドで資産増殖、株式分割銘柄投資法
7章 出来高監視を武器に株式投資の醍醐味を独り占め、低位の仕手系材料株一攫千金術
8章 上昇銘柄の押し目買いと利食いを機動的に繰り返す、超短期回転売買投資法
9章 高値圏の「買い推奨銘柄」をターゲットに空売りを仕掛ける、空売り値幅取り投資術
10章 ひとつのテクニカル指標に絞り、自分なりのシグナルを発見、ボリンジャーバンド活用術
終章 個人投資家だからこそ勝ち続けられる



2004年7月7日の北日本紡績(3409)の株価(終値)は102円。

翌日の7月8日(木)、北日本紡績(3409)が、ストップ高で引けました。
終値は前日比プラス50円の152円。

私は、半年以上前にこの銘柄を147円で1000株買っていましたが、
その日の夜に、翌日の寄り付きで、成り行きの売りの指示を出しました。

翌日、寄り付きは前日比マイナス10円の142円で、その値段で売れました。

寄り付きの直後に143円での売買がありますが、その後は下げる一方。

147円で買った株を142円で売ったのですから、結果は5000円の損切りです。

ただ、翌日の寄り付きで売らなかったら、もっと損失はふくらんでいました。

翌日、上げるかもしれないのに、なぜ私は寄り付きで売ったのか?

私が寄り付きで売れた理由は、この本の2章に書いてあります。

評論家が書いた本は「理想はそうかもしれないけど、実際はそうはならないだろうな。」と
思いながら読むだけですが、この本は実際に勝っている 個人投資家の投資法が
紹介されているので、かなり使えるものがあります。

「こんなやり方があるのか?すごいなあ」と感心しながら、私も読みました。
具体的な売買の仕方が紹介されていますので、初心者の方には難しいところもあるかもしれませんが、
実際に売買されている方には参考になると思います。

私は、2章以外では、4章のアノマリー活用投資法が参考になりました。




                                           ページのトップへ   ホームへ





ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他