the way to rich 〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ


■ナンピン買いと損切りのルール


私は、「ナンピンと損切りができること」は株で勝つための第2条件だと思っています。

勝つための第1条件は、「買値よりも値上がりする株を買うこと」

買値よりも値上がりする株を買うことができれば、絶対に勝てますから。


「銘柄の選び方」や「買うタイミング」など、「値上がりする株を買うためには
どうすればいいか」について、解説されている本は多くあります。

チャートでこのサインが出たらとか、ゴールデンクロスが発生したらとか、
いろいろありますよね。

ただ、その選び方、そのタイミングで買っても、100%値上がりするという
ことはありません。

必ず値下がりする場合があります。

必ず値下がりする場合があるのですから、そのときの対処法として、
「ナンピンと損切り」は必要です。


このナンピンと損切り」について、この場合はナンピン、この場合は損切りと、
ナンピンと損切りを使い分ける方法を紹介している本を私は知りません。

「5%下がれば損切りする」といったロスカット重視か、「30%下がればナンピンする」といった
ナンピン重視かのどちらかに偏った解説しかない本がほとんどだと思います。


日経平均が8000円割れの頃は、保有銘柄のほとんどが
買値から20〜30%下げていました。

こういう相場全体が下げているから、ほとんどの銘柄が下げているというときは
私はナンピンします。

相場が上げ始めると、ほとんどの銘柄が値を戻す可能性が高く、
ナンピンして購入平均単価を下げておけば、利益が大きくなるからです。

こういうときに損切りすると、ほとんどの銘柄でマイナスが確定するので、
パフォーマンスはかなり悪くなります。

ピーター・リンチも『株で勝つ』の中で、次のように書いています。

「10%・ストップ・ロス付きのポートフォリオということは、正確に10%
損失することを宿命づけられたポートフォリオということに他ならない。」


逆に、今のように、日経平均が11600円台ぐらいで、10%以上下げている銘柄が
ほとんどない状態で、20%、30%下げる銘柄が1つ出てきたら、損切りします。

1銘柄で30%の損が確定しても、全体のパフォーマンスは1%ぐらい下がるだけですから。

ナンピン・損切りする銘柄にとらわれず、全体を見て、ナンピンか、損切りかを
決めるようにしてください。





                                        ページのトップへ   ホームへ





ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他