the way to rich 〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ


■株式投資日記をつける


日経平均は、2005年の4月8日から15日までの1週間で500円下げています。


私もそうですが、この1週間でかなり含み損が増えた方が多いのではないかと思います。


ただ、こういった下げは必ず起こるものです。

日経平均が7600円台から10000円台まで上昇した、2003年の上昇相場でも、
一方的に上昇したのではなく、1週間で500円ぐらい下げるときもあったのです。

必ず起こるのですから、ここであわてて、損をしてでも売るのは賢明ではないと思います。


そうはいうものの、金曜日のニューヨークも下げているので、明日の日本市場も
下げるという人もいますし、いつまで下げるのか、不安になるのが普通です。

では、どうすれば不安を軽減することができるのでしょうか?


私は、過去の状況と比較することで、今の自分の位置を相対的に確認し、
不安を軽減しています。

具体的に言うと、株の日記をつけているのです。

日記をつけるといっても、保有銘柄のトータルの時価と含み損(含み益)を
つけているだけで、2002年の8月29日から、毎日、記録しています。

本当は感じたことなど毎日の心理状態も書いた方がいいとは思いますが、
手間なので、そこまでは書いていません。

トータルの時価と含み損(含み益)だけならば、ヤフーファイナンスの
ポートフォリオに自分の保有銘柄数や買値を一度登録しておけば、
1日に10分もあれば記録できます。(ポートフォリオの登録の仕方はこちら


これを見て、過去と比較すると、いろいろなことに気付きます。

4月15日時点での含み損は49万円で、今年では一番含み損が多いですが、
2004年の一番悪いときはマイナス199万円。(5月17日)


今年、一番含み損が多い=最も株価が下がっているときだと考えられますから、
今は買うときです。

ただ、2004年と比較すると、まだまだ下げてもおかしくないですから、
今、全資金で買うのは危険だと思っています。

私の場合は、含み損が200万円ぐらいになることも考慮しながら、
資金を追加していくつもりです。


私の投資法は逆張りですから、今からの下げは絶好の買い場です。

下げ続けているときに買うのは勇気がいるのかもしれませんが、
ここで買わないと稼ぐチャンスを失うことになります。

こういうときに、今の自分を過去の自分と照らし合わせることで、
自信を持って計画的に買うことができるのです。



あなたも株日記をつけてみませんか?








ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他