the way to rich 〜株式投資で勝つ方法〜

ホーム メルマガ


■逆指値(自動売買)のすすめ


私は2001年3月に株式投資を始めましたが、4月に小泉政権が発足した期待感もあり、
株価は上昇し、ある銘柄で5万円の含み益がありました。

プラス10万円になったら、売ろうと決めていたのですが、その後、株価は下げ始めます。
下げているにもかかわらず、その銘柄を保有していたため、プラスどころか大幅なマイナスを
抱えてしまいました。

みなさんは、こんな経験をされたことはないでしょうか?


結果としてプラス5万円で売ればよかったのですが、後でプラス10万円になれば後悔します。

プラス5万円で売らなければ、あと5万円というリターンを追求することはできますが、
プラスが5万円以下になるというリスクを背負わなければなりません。

あと5万円を追求したいけれども、リスクはおさえて4万円の利益は確保したい。

これを実現する手法が、逆指値です。


株価が下げて、プラス4万円まで下がったら、自動的に売ると注文を出しておきます。
(従来の指値は「何円まで上がったら売る」という注文ですから、「何円まで下がったら
売る」という注文を逆指値と言います。)

そうすれば、株価が上がればいいですし、下げた場合、最悪でも4万円の利益は確保できます。


含み益ではなく、利益を確定してはじめて勝ったことになりますから、
利益を確定するために逆指値は有効です。



上の例は逆指値の売りですが、「何円まで上がったら買う」という逆指値の買いもあります。

逆指値の買いを使えば、暴落している株が反発し始めてから買うことができます。


逆指値の注文ができる証券会社は少ないですが、マネックス証券などは、
「プラス10万円まで上がったら売り、プラス4万円まで下がっても売り」という
ツイン指値などもできます。

株価が上下するのに流されず、自分のスタンスを守るために、
逆指値を検討されてはいかがでしょうか?





                                                ページのトップへ   ホームへ





ハイパーインフレ 株式投資勝つ方法 株で稼ぐ 大数の法則 株勝ち組負け組 株リスクリターン 株短期売買長期投資 

売りは難しい
 個別銘柄上昇 株必勝法 株投資法 マネーマネジメント 株指標 ヤフーファイナンス銘柄登録

できる銘柄選び 株銘柄選び 株銘柄スクリーニング 株式スクリーニング 倒産会社企業 個別銘柄 順張り逆張り

株逆張り投資法 日経平均株価 逆指値自動売買 ナンピン買い損切り 資金計画 株買い時売り時 株高値

移動平均線高値掴み 株勝つ必要 株式投資日記 分散投資 中国株投資資産運用 外貨MMFドルコスト平均法

さわかみファンドさわかみ投信 金森重樹不動産投資 上げ相場株買い方 下げ相場株買い方 売りが難しい 株式投資本

遠藤四郎 株で儲ける 田平雅哉 梶田政人 山本有花 高田智也 浜島昭平 角山智 バリュー投資 inatora稲虎

DAIBOUCHOU 割安成長株投資研究会 エンジュクセミナーDVD 株式投資情報 株初心者入門講座 

株式投資初心者向けの本 売買手数料無料証券会社 インデックスファンド225 バーチャルトレード 安い株を買う

株主優待 ネット証券会社 まるさん証券 らくてん証券 GMOインターネット証券 イートレイド証券 オリックス証券

ジェット証券 コスモ証券 カブドットコム証券 まねっくす証券 中国株証券 松井証券口座開設 ユナイテッドワールド証券

藍澤証券 神王リョウ 株式投資の利回り 株式投資法 株式投資メルマガ 株式投資勝ち組 ネット銀行 オリックスダイレクト 

インズウェブ自動車保険一括見積もり請求 日本株1 日本株2 日本株3 日本株4 日本株5 日本株6 中国株 外国為替


マネー 節約・お小遣い その他